アーカイブ

‘偽島前振り2’ タグのついている投稿
06 2月

13日目 哀別

“遺跡西方の河川敷にて、水死体発見さる”

報せを受けた警邏(けいら)隊が駆けつけた時、第一発見者の男は既に行方をくらましていた。

雨上がりの河川敷には、偶然通りかかったらしい冒険者が何人か足を止め、この事件の数少ない目撃者になるべく、興味津々で見物している。
この島へ招待客が詰めかけて半月、人死にはこれまで出ていなかった。港から市街地にかけての人が集まる地域はおろか、森や山、凶暴なモンスターが棲息する遺跡内ですら、死傷者が出ないよう有志によって警備が行われているのだ。
「由々しき事態だ」頑強なる小隊長ボルックスは低く唸った。「このことは緘口令を敷き、一切外部に漏らさぬよう」
ボルックスはすぐさま付近一帯を封鎖するよう指示し、水死体は解剖の為に運ばれる手筈となった。
「それにしても、綺麗なものだな……上流から流されてきたわけではないのか」
青ざめた顔で横たわっているのは、彫りの深い顔立ちをしたエキゾチックな若い男で、水に濡れた長い黒髪を肩に纏わせ、民族衣装を身に着けている。浅黒い肌をしており、額や体のいたるところに赤い模様を施しているのが印象的だ。川に浮かんでいたというが、遺体や着衣に傷らしい傷はない。

彼の部下数名が、野次馬を追い払いにかかり、同時に、敷布の上の冷たい骸にシートをかけようとした、その時だった。

「やめろー!!」

屯する数人の冒険者達の間を縫って、何者かの影が猛然と飛びかかってきたのだ。

「うわあああっ」
ドン、と鈍い音がして、隊員が二名、シートと共に吹き飛ばされた。突然の強襲に、彼らは為すすべもなく、重なるようにくずおれて気を失った。
「バンディ、ブルートッ!……敵襲か!?」
ボルックスは驚愕したが、咄嗟に腰のサバイバルナイフを抜き放った。彼は、襲撃者が、身を翻して水死体の傍に駆け寄るのを見た。
「何者……、……!?」
今まさに骸のそばに屈みこんだのは、獣の皮を身に纏った、裸足の、野性的な幼い娘であった。体中びしょびしょで、あまつさえ、泥水の跳ねたような汚れが、服や脚にたくさん付着している。
ボルックスが息を呑んで見つめる中、娘は地面に膝をつき、あろうことか、横たわる男の服の胸倉を掴んで、ぐいっと引き寄せたではないか。
「き、貴様、何をしているッ……!」
少女はそれを意にも介さず、大声で怒鳴った。

「ジャファル!目を覚ませ、起きろ!ジャファル!!」

それは、まるで寝覚めの悪い連れを起こそうとでもしているかのような、ごく自然な呼びかけであった。
ジャファルと呼ばれた男は、手繰り寄せられて人形のように力なく仰け反った。だが、娘は彼の頬を叩き、呼び続ける。
「聞こえてないのか、おい!ジャファル!!この、起きろったら!!」

ボルックスは呆然とその様子を見ていた。
男がもはや死んでいるということを、理解できていないのだ、この少女は。

「おい、もうやめないか」
痛ましい思いに捕らわれ、ボルックスはナイフを鞘に収めながら声をかけた。「アンタ一体誰だね」
その声に顔を上げた少女の、雨に濡れて乱れた前髪の下で狂おしくぎらぎらと光る眼(まなこ)を見て、彼はどきりとした。
「ロジュ」
そう名乗った少女は、再び、動かぬ男に目をやった。
「……ジャファルに何があった?ロジュに、何も言わずに出て行った。こんなこと、今までなかった」
「……お嬢さん、気を確かに持つんだ。残念だが、とうに、呼吸も脈拍もない。身体も完全に冷たくなっている。じきに死後硬直が始まるだろう」
だが、ロジュには聞こえていない。
「ジャファルが寝てるとこ、見るのも、初めてだ。こんな穏やかな顔で眠るんだな。どんな夢を見てる?……でも、そろそろ起きろ、ジャファル。今日から、また遺跡へ行くんだぞ。クニー達が待ってるんだ、ほら」

魂の抜け殻

揺すぶられてもジャファルは目を覚まさない。
――当たり前だ。この青年はとうに死んでいる。
ボルックスは辛そうな顔をしたが、かぶりを振って私情を追い払い、ロジュの体をジャファルから引き離そうとした。

「さあ、下がっているんだ。まずはご遺体を運んで、調べなければならない。いつまでもこんな」
「ジャファルは死んでなんかいないッ!!」
ロジュはその手を激しく振り解き、噛み付きそうな勢いでボルックスを仰ぎ見て、睨んだ。鬼気迫る形相だった。
「ジャファルはもともと、体が冷たいんだ!心臓も、一日に数回しか動かない!死んでるように見えるだけだ。死んだりなんか」

その瞬間。
パタパタと音を立ててジャファルの胸に降り注ぐものがあった。
雨、ではない。堰を切ったように溢れ出した、ロジュの涙である。

「ジャファル、死ん、だりなん、か……ッふ、えぐ、っ……うわあああああん!!わああああああああっ」

ボルックスは逡巡したが、しばしの後、静かにロジュとジャファルから離れた。他にどうすることもできなかったのだ。
隊員たちも、みな、暗い顔でそっと目交ぜをし合った。分厚く垂れ込めた雲が、その場に居合わせた全員の心に重くのしかかっているようだった。
 

 ― ―

 
正午ごろ、ロジュは、物言わぬジャファルの身体と共に宿へ戻ってきた。
クニーの姿は無い。遺跡探索へ出発したのか、或いは、ただならぬ様子のロジュ達を気遣って、他の部屋で様子を伺っているのだろうか。
ロジュは椅子に腰掛け、ジャファルの安らかな寝顔をしばらくじっと見ていたが、やがて自らも、彼が横たえられた寝台の端っこに埋もれるようにして寝息を立て始めた。

「体温がないし、心肺機能も停止しとるようなンですが、筋肉の弛緩も硬直もない。死斑もなきゃ溢血点も見当たりません。瞳孔も開いちゃいませんな」
医療班の年かさの男は言った。
「調べてみたら、魔力の減退も見られねェんですよ。結論から言いますと、死んじゃアいませんが、生きてるとも言えねェですね。一つだけハッキリしてるのは、あたしらに打てる手は無い、ってことですわ」
検死の結果を見届ける為に同席したボルックス小隊長は、驚き、複雑な顔をした。幼い少女は聞いているのかいないのか、座ったまま身動きもせずただ青年の顔を見つめていた。
――可哀相だが、おそらく、もう目を覚ますことはあるまい。
ボルックスはロジュの頭に無骨な手を乗せ、優しく撫でた。
彼と、その部下達は、かける言葉も見つからないまま、部屋を後にした。そして静寂だけが残されたのであった。

数時間後、ロジュは目を覚ました。
腫れぼったい目をこすりながら身を起こすと、小さな窓から差し込む光は夕暮れの色をしていた。

何もする気になれずしばらく呆けていたのだが、急に、ぐう、と腹の虫が鳴いて、ロジュは思わず顔を赤らめた。
こんな時に!
精神状態とは関係無く、どんな時でも健康な自分の体が、ロジュは恨めしかった。
ひどく億劫そうに立ち上がり、荷物袋を覗きに行ったロジュは、所持品の奥で押しつぶされている、焦げた食用雑草を摘み上げた。だが、とても食べられそうにない。

「ん?」

何か、見慣れない紙片が入っている。折りたたまれたそれを開いてみると、乱暴に破り取られた日記の切れ端のようであった。中央に大きく、急いで殴り書きしたらしい雑な字が踊っている。

『先に行く “石の演劇” B16 合言葉は…』

汚いが、ロジュが読めるように全て簡易書体で書いてあった。クニーが残したものだろうか、それともロクローだろうか。ロジュは困惑したように視線を彷徨わせた。意識の無いジャファルを見、紙に視線を戻して、またジャファルを見た。
「どうしよう……」
遺跡に潜れば、数日は戻れない。その間に、ジャファルがもっと遠くへ行ってしまったら?ロジュは後悔していた。この島へ来たことがそもそもの間違いだったのではないか。しかし、今更悔やんでも詮無いことだ。
どうすれば良い?一体何ができる?
答えは既に、手の中にあった。ロジュは紙切れを握り締めた。財宝と宝玉さえ手に入れば、高く売れるに違いない。そうしたら、腕の良い魔術師か医者に見てもらえるかもしれない。少なくとも、ここでじっとしているよりは、ジャファルの助かる可能性が増すような気がする。

ジャファルの冷たい手を取って、押し頂くように額に当てる。
「今度はお前が、ロジュの言う事聞く番だぞ。ロジュが戻るまで、ここにいろ。約束だからな」
ロジュは手早く荷を負い、出て行こうとして……ドアの前で振り返った。

何故だろう、この部屋を出る時は、ジャファルも、ロジュも、クニーも、皆独りだ。
必ず、ここから一緒に歩き出してみせる。
きっと。

カテゴリー: 読み物 タグ: ,
01 2月

12日目 迷走

12日目の朝、彼らは結論を出した。
逗留があまりにも長引きすぎたために、彼らは体力と物資に限界を迎えつつあった。
砂漠で突然出くわした、牙蜥蜴と巨大蟻(蜥蜴と蟻、自然界ではあまり見ない組み合わせだが、この二種の生物には奇妙な共存関係があるようだ)の群れとの戦いが、丸二日に及んだことも大きな原因である。
特に、一日目の戦いにおいて、初戦の敵に万全を期して力をセーブしなかったロジュの疲弊は目に見えて酷かった。攻撃は悉く生彩を欠き、思うように戦技を繰り出すこともできない有様だ。

体調もさることながら、進路の方にも限界が見えていた。砂漠の果てに待ち構える猛獣使いとやらには到底勝てそうもない。

もはや為すすべも無く、彼らは満身創痍となって遺跡外へ帰還した。
此度の探索での成果は、決して良いものだったとは言えないだろう。

「やれやれ、お前が西へ行くとか言い出したせいで」
「ロジュ知らなかった!あんな強そうな敵がいるなんて。それに、クニーもナットクして来たんじゃないか!」
「俺は北と言っただろうが。戦闘でも同じ、お前はがむしゃらに戦うだけ。少しは頭を使ったらどうなんだ」
「なんだとッ」

いつになく険呑な怒気を剥き出しにしていがみ合うクニーとロジュ。普段ならば頃合いを見て仲裁に入るであろうジャファルも、今日は様子が違う。諍いの様子をただ見ているだけだ。
彼らはじきにどちらからともなく押し黙り、互いにフンとそっぽを向いた。それきり、視線を合わそうともしない。

そんな三人が宿場街に辿りついたのは、昼過ぎのことであった。
立ち並ぶ中でもこじんまりとした一つを寝所に定め、部屋を取る。宿そのものは決して古くはないが、部屋は狭く、埃っぽく、そして薄暗かった。
いかにも安宿らしく、高い位置に小さな明かり取りの窓が付いているのみである。だが、その申し訳ばかりの窓からは、今朝からの曇天が放つ僅かな白光が漏れ入るばかり。

クニーは部屋に入るなり、麻袋を枕にしてさっさと寝台に横たわった。どうやら、早寝を決め込むつもりらしい。
ロジュはそれを目で追ったが、何も言わなかった。無言で床に座り、灯心草に火を点す。ぼんやりとした明かりの中で、彼女は荷物を椅子に置いて中身を出し始めた。
「……心得ていると思うが」
その背後から、静かにジャファルが語りかけた。「何事か、急を要する事態でもない限り、表に出てはならぬ。聞き分けておとなしうしておるのだぞ」
声色は優しげなれど、有無を言わせぬ強い口調であった。ロジュは、ジャファルが今入ってきたばかりの扉を開け、音もなく出て行くのを、背中で見送ったのだった。

……雨足は徐々に強くなり、通りに人の姿がなくなっても、ジャファルは戻ってこなかった。
宿の簡素な食事を終えたロジュは、高い窓に小さく切り取られた、黒々とした曇り空を、ぼんやりと見上げた。
クニーは背を向けて毛布に包まり、既に夢の中の人である。だが、ロジュは、眠る気には到底なれない。
暗闇を照らす小さな灯りを頼りに、時計の音を聞きながら、ただ壁にもたれてじっとしていた。

件の広場は、この刻限にも盛り上がっているのだろうか?

その場所に足を踏み入れることへの興味と憧れは失せなかったが、どうしてか、ジャファルの一方的な言いつけを反故にする気は起きなかった。
遺跡外をうろつくことが危険であると、彼が懸念するからには、なにかがあるのだろう。

だが、それならば、何故早く帰ってこない。
戻らぬジャファルを心配して少女が宿から飛び出すことを、彼が考えに入れていないはずはない。不安と苛立ちにさいなまれながら、遅々として進まぬ時間をロジュは苦しんだ。そして、

(何かあったのかもしれない)
その考えは、唐突にロジュの心の中心に、ストンと落ちてきたのであった。
なぜ今まで思い至らなかったのかは解らない。だが、その可能性は至極あり得ることだと思った。

ドアを開けて飛び出し、廊下の角を曲がった途端、誰かにぶつかりそうになった。
「うわっと」
咄嗟に身構えた人物は、深緑のボディスーツの上にベストを着込み、羽帽子を被った細身の青年である。その姿には見覚えがあった。
「ロクロー!」
「お!ロジュじゃないか。帰ってきてたのかい、お疲れ様だったね。僕も今、まさに、華麗な帰還を遂げたばかりさ!」
額に手を当て、フッと爽やかに笑う。
「いやあ、轟天号が久しぶりの屋外に興奮しちゃってね、このあたりを通り抜けて向こうの森まで走って行っちゃったんだよ。犬まっしぐら!ってやつだよね。あぁ、それはそうと、クニーに呼ばれてるんだけど、いるかい……って、あ、あれ?おーい?」
だが既にロジュの姿はなく、虚しく階下を覗き込むロクローであった。

ロジュは既に階段を駆け下り、今まさに雨の中へ駆け出したところだった。

雨

カテゴリー: 読み物 タグ: ,
26 1月

11日目 暗雲

日が沈み、闇夜がその優しい手を伸ばして、広げた黒いびろうどの緞帳に無数のダイヤを散りばめる刻限。昼間盛んに地響きを立てていたモンスターの群れはなりを潜め、冒険者達の夜営の談笑と焚き火のはぜる音が聞こえてくる。
クニーは翌日に備えて一足先に横になり、ロジュは東の水路へ水浴びに行ったようだった。
ジャファルはオリオン座を背に、ひとり、冷たい風の吹き渡る北の空をいつものように仰ぎ見ていた。

……妙な胸騒ぎがする。

天高く煌々と瞬いている北極星は、まるで、何か凶兆を知らせようとしているかのような不穏な気配を放っているように見える。
明後日にでもひとまず遺跡外へ引き上げようと、先ほど三人で話し合って決めたばかりだというのに。

ジャファルはかねてより、遺跡に仕掛けられた重大な罠や未知の生物との遭遇を危惧していた。できる限り踏破の道程は短く、しかし攻略においては先陣を切らず、遺跡にいる時間は少ない方が良い。余力を残したまま帰還することができるならば、それに越したことはない。
ロジュらは、より長い時間を遺跡に潜りたがったが、ジャファルは違った。なるべく短いスパンで、安全な遺跡外に出るのが、もっとも望ましいと思っていた。
だが。

(一体、我々に何を知らせようとしている。……まさか、“遺跡の外こそが”危険であるとでもいうのか)

ヤディカの民は悠久の昔、天上の星と語らい、精霊の声を聞くことによって生きる民であった。ゆえに、ジャファルには感じることができる。明々と輝くこの妖しい星の光には、確かに何かあるのだ。
不吉な予感を振りまくその何か、とは一体何であるというのか?
彼らは、これ以上失うものを持たない。
定住の地や安らかな眠りの時間、ささやかな日々の糧を得るための営みと慎ましい暮らし……そういった健やかで心地の良い様々なものを、復讐のために邪魔であるからと惜しげもなく捨ててきたロジュと同じように、ジャファルもまた、長い歳月を重ねる間に、たくさんのものを置き去りにしてきたのだ。

(残されたものは、ロジュワルディ、そして私の命、ただそれだけだ。護らねばならぬ)
ジャファルは静かに瞳を閉じた。煙ったような漆黒の瞳に、ひときわ強く瞬く星の残影を、閉じ込めようとするかのように。

翌朝。

装備品を除いてはすっかり支度を終えた彼らが、食事のために名残の焚き火を囲んだ、その席にて。

「そういえば、遺跡の外にでっかい広場ができたんだって。クニー知ってるか?」
久方ぶりの肉料理(串に刺して朴の葉で包み、蒸し焼きにしたものだ)を頬張り、なけなしの檸檬水を呷っては夢中で咀嚼していたロジュが、唐突に口をきいた。
「ああ、聞いた、なんでも有志が大昔の浴場の跡地を修繕してこさえたっていうじゃないか」クニーはフッと冷笑を浮かべて肩を竦める。「訪れる連中にそれを無償で使わせてるんだと、まあ誰だか知らんが、お人好しにもほどがある。金に興味がないのは無知な原住民の小娘だけじゃないんだな」
もはやクニーの毒舌にもすっかり慣れっことなったロジュは、もぐもぐと口を動かしながら言った。
「そうだな。ロジュ表に出たら寄ってみようかな」

ロジュにとっては何気ない一言であった。ところが、

「よせ」

突然立ち上がったジャファルにロジュはびっくりして、食事の手を止め、彼を見上げた。
否、正確にいうならば、彼の低く重々しい声に込められた強い制止の響きに驚いたのだ。
このようなジャファルを見るのは初めてのことで、クニーも片目を眇めて訝っている。

「ど、どうした?ジャファル。何日も泊まるわけじゃないぞ、ほんの数時間寄るだけだ。心配ならジャファルも一緒に行くか?人がいっぱい集まって、賑やからしいぞ。だから、いろんなヤツと話ができるかもしれ」
「――よせと言っている」

厳しい口調はロジュの問いを寄せ付けない。ジャファルは呆気に取られて動けずにいるロジュを睨み据えて告げた。
「今後、遺跡の外では言動を慎み、極力人の目に留まらぬようにするのだ。交流だなんだと浮かれている場合ではないぞ。必要な時以外は宿でじっとしていろ」

裳裾(もすそ)を翻して背を向け、足早に去って行くジャファルに、我に返ったクニーが片膝立ちになって大声で呼びかけた。
「おい!どこへ行くんだ。今日はこのあたりで狩りの予定だぞ」
だが、ジャファルは振り返りもせず行ってしまった。
「なんなんだ、あいつ?」 クニーは“相変わらずいけすかない奴だ”といった感じに舌打ちをし、ちらりとロジュを見た。

「どういうことだ?」
いつもの物静かなジャファルとはまるで別人のような様子に、ロジュは戸惑いの声を上げた。平素であれば、ロジュが友人を作る様子を静かに見守り、情報収集に至ってはその役どころを進んで買って出るはずの彼が。
「わからない。ジャファルが、何を考えてるか……」
取り残されたロジュは悲しげに、ぽつりと呟いた。

カテゴリー: 読み物 タグ: ,
17 1月

10日目 陸離

http://logewardi.naq.raindrop.jp/images/yozora.jpg

ロジュワルディ。
お前も見ているか。
あの、真冬の夜空に燦然と輝くオリオン座を。

お前はあのベテルギウスだ。
影のようにお前に付き従う彼奴(きゃつ)めは、
三ツ星を挟んで向かい合うリゲルだ。

気をつけるが良い。

お前達を狙っているオオイヌ座のシリウスに。

私はこいぬ座のプロキオン。
私は夜になれば地上へ降りて密やかに空を見上げ、お前達を探すのだ。
私はやがてお前達を見つけるだろう。

カテゴリー: , 読み物 タグ: ,